background_0514_02.jpg

AKT PICTURES PRESENTS

日米合作 長編映画

top_text.png

DIRECTED AND WRITTEN BY

AKEMI K. TOSTO

ボクがにんげんだったとき

 
「愛するキミーはボクに飽きちゃったの!?」
Copy of puppy_transparent-background.png

『ボクがにんげんだったとき』は、主人公の保護犬インディーのマジカルな体験をとおして、愛されたいと願う心、捨てられることへの不安、自分探しをテーマにしたユーモアあふれる映画。

​ここからすべてが始まった!
短編版『ボクがにんげんだったとき』予告編
長編版は、このショート作品にヒントを得て企画されました
長編版は、このショート作品にヒントを得て企画されました

※字幕が出ない場合は、YouTube画面右下”CC"をクリックしてください。

文化・人種そして犬種も超えたプロジェクト、いま始動。
 
​あらすじ

雑種犬のインディは、保健所から救い出してれた少女キミーが大好き!でもそんなインディのパーフェクトな生活に邪魔が入る。キミーの新しい彼氏ジャレッドだ。インディはジャレッドの「ウサン臭さ」を嗅ぎあてるけど、唸ってみてもキミーに怒られるだけ。インディーは、自分がただのイヌだから飽きられてしまったのだと落ち込む。「ボクが、"にんげん”だったら良かったのに。」わんこ友達のスパイクに愚痴ったところではじまらない。

でもそんな夜、インディの枕元に女神さまが現れて、何でも叶う魔法のビスケットを授けてくれる。朝、目を覚ますとインディーがにんげんに!!

最初は物珍しくて、にんげんの特典を楽しんでいるものの、ビスケットを全部いちどに食べなかったから、イヌ耳やらシッポがたまに飛び出してくる。

 

スパイクやキミーの弟ケビンのヘルプで、なんとか人間らしく行動できるようになって、キミーの友達にもなれたけど、彼女はイヌの自分が行方不明になったことで意気消沈している。おまけに、ジャレッドの正体を暴いたはいいけど、キミーが倒れて病院に!大切なものがかえって壊れていくのを見て、途方にくれるインディーが見つけたものとは!?

 

​制作チーム

神津トスト明美
製作総指揮 監督 脚本
東京出身 LA在住 / UCLA映画学科専科卒業

AKTピクチャーズCEO。12歳で映画に魅せられハリウッド映画業界入りを決める。

高校留学でロサンゼルスへ。大学卒業後、日米欧のTV、映画、CMプロダクションに携わり、スピルバーグ、タランティーノといったハリウッド大物監督作品製作にも参加。現場で培ったノウハウをもとに製作した短編の1本、『ボクが人間だったとき (When I Was A Human)』がアカデミー賞公認配給会社Shorts Internationalに見初められ全世界配給契約締結。世界規模にてTV放映後、アマゾン・プライム、iTunesなどの大手を網羅し全世界配で作品配信中。2019年秋、ショート作品『ウィッシュ・アウェイ(原題)/Wish Away』も同配給会社により全米TV放映。現在、AKTをつうじ劇場用長編版『ボクがにんげんだったとき』を企画製作中。

ジョン・ハーマン
プロデューサー
ウィスコンシン州出身 LA在住

2014年にロサンゼルスに移住。キャリア初期から人をまとめる手腕を発揮し、入るのが難関と言われるDGA(全米監督組合)公認のプロデューサーとして認められ、CMから劇場用映画の製作チーフとして幅広く活躍している。2019年春には、歴代アカデミー賞の司会も勤めたコメディ俳優ビリー・クリスタルを主演に迎え、ジョンがプロデュースした新作長編『スタンディングアップ・フォーリングダウン(原題)/Standing Up, Falling Down』が、映えあるトライベッカ映画祭にノミネートを受け注目を集めている。

森田真帆
プロデューサー(日本)
1980年 東京生まれ

従叔母である小山明子、夫の大島渚の影響で、幼少期から映画、舞台などエンターテインメントに囲まれて育つ。18歳で単身渡米。語学を学びながら、ドラマ「ソプラノズ 哀愁のマフィア」の制作現場に携わる。帰国後は映画ライターとして活躍。近年は、映画コメンテーターとしてCX「フジテレビ批評」出演など、各映画番組のゲスト、イベントトークショーのMCを務める傍ら、別府にある老舗映画館、別府ブルーバード劇場の番組編成を手がけ、2017年より開催の「別府ブルーバード映画祭」総合プロデューサーも担当するなど多岐にわたる。

ジョージ・アグラス
アソシエイト・プロデューサー
アメリカ合衆国出身 / イェール大学卒業

イエール大学にて、歴史と映画学学士号を修得。卒業後、ヒット映画『13デイズ』(主演ケビン・コスナー)、『エンド・オブ・デイズ』(主演アーノルド・シュワルツェネッガー)などの製作に携わりハリウッド映画製作のノウハウを学んでからインディーズの世界へ移行。テクノロジー分野にも優れ、スタートアップでのマネージメント経験もある。

英語はもちろん、スペイン語、フランス語、ドイツ語、日本語の5ヶ国語を操る。
 

 
boy-director-on-ladder.jpg
クラウドファンディングで
支援者と制作者を直結する。

こんにちは!今日も灼熱のロサンゼルスから長編版『ボクがにんげんだったとき』の製作最新ニュースをお知らせします。📣 📣

 

現在7月31日(土)まで、「長編映画支援上映イベント」と銘打って、新たに発進させる寄付型リターン付きクラウドファンディングのPRイベントを東京・原宿にて開催中で、原作ショート作品『ボクがにんげんだったとき』を連日無休で上映しています。

 

日本では最初で最後の一般公開ですので、ぜひお立ち寄りください。(サイトHPを開いた時に出てくるポップアップにメアドを登録すると、もれなく上映イベントの情報がメールで届きます。)

すでに私たちがアメリカで行っている、ショート作品を長編映画化するための投資型クラウドファンディングに対して、日本のファンの方々から、「ちょっとハードルが高すぎる。」という声をいただきました。そこで企画したのが「日米対応型の寄付型クラウドファンディング」です。

支援がもっと手軽にできるよう最低支援額も低く、リターンもわかりやすく「日本からハリウッド体験」型を導入。🎬

ハリウッドの現場と支援者を完全同期。

ご支援いただいた方には出資していただいた金額に応じて、すでにハリウッドで始動している製作現場から最新ニュースや、一般立ち入り禁止の舞台裏訪問監督をはじめとするハリウッドの現地製作スタッフとのライブZoom交流会撮影現場でのスタッフやキャストとのバーチャル・コーヒーブレーク完成時には東京でのレッドカーペット・イベントスタッフ・出演者とのアフターパーティーなど、日本にいながらにしてのハリウッド体験が盛りだくさん。

 

ショート作品からますますパワーアップした脚本と、ハリウッド・スターをキャストに迎える長編作品。この作品にはすでに日本からもアノ!!セレブが参入を表明。(支援者のみに公表。)映画予算は85万ドル(日本円約8,700万円)。今回のラウンドでは、目標額5万ドル(日本円約600万円)を目指しています。この金額は、大口出資者募集に不可欠なハリウッドスターをメイン・キャストに起用するための契約金の一部として使用されます。

 

サポーターと制作者側をチョッケツさせ、皆さんの作品に対する思いをエネルギーに、世界ヒットを目指します!

作品への投資にご興味がある方は下方のメッセージ欄より

いますぐお知らせください。

送信ありがとうございました!

AKT.png のコピー.png

© 2021  AKT Pictures LLC   All the rights reserved.